トップ

旅行先で薬が必要になる

旅行で体調を崩す場合

学生

旅行には常備薬の持参を

週末や長期連休などに、旅行に出掛ける人も多いでしょう。旅先では普段と生活リズムが変わったり、ハードなスケジュールで疲労が溜まってしまい、体調を崩してしまうことがあります。そんなときのために常備薬を準備しておくと安心です。持病を持っている人はもちろん医師から処方されている薬を持っていく必要がありますが、誰にでも薬の種類で体に合う合わないがあるものです。最近はドラッグも遅くまで営業していますし、旅行先で購入することも可能ですが、普段使用しているメーカーの物が置いてあるとは限りません。特に胃薬・頭痛薬などは、旅先での需要が高い薬です。常備薬としてポーチに入れて持ち歩くと、何かと役立ちます。

旅の時の常備薬について

旅行の時には、いつも飲んでいる薬ともしもの時の薬を持って行くと安心です。いつも飲んでいる薬は、持って行くものが決まっているのですが、常備薬として持っていく、もしもの時の薬は、風邪薬や頭痛薬、おなかが弱い人は自分に合うおなかの薬があると安心です。また、ばんそうこうを持っていくと、靴ずれができたときに、ひどくなる前に対処できます。都市に行く場合は、薬局やコンビニで薬を買うことができると思うかもしれませんが、団体旅行などでは、持っていく方が安心です。薬は、自然災害などによる延泊やうっかり落してしまった時のために、泊数プラス1日分持っていくと良いでしょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 旅行先で薬が必要になる. All rights reserved.